本文へスキップ
観光案内板
呉羽梨の由来と現況

明治時代(1868〜1912)
 ここ吉作の地は水の便が悪く稲作に不向きであった。郷土愛に燃える土池弥次郎翁は豊かな村づくりのため全国各地を見て歩き、明治40年に初めて30本の苗木を植えたが上手くいかず、その後赤梨「長十郎の苗木を植え試作に成功した。

大正時代(1912〜1926年)
 「長十郎」は味、肉質もよく多収穫であったので土池弥次郎翁は村人を指導し大正5年頃には30ヘクタールの栽培面積になった。しかし大正の末期に病害虫の大発生にみまわれ全滅状態となった。その後害虫駆除剤や散布機が導入され梨作りは本格的なものとなった。その頃の品種は「長十郎」がほとんどでその他「菊水」「二十世紀」「八雲」などであった。

昭和時代(1926年〜1989年)
 第二次大戦中は食糧増産のため梨の木は強制伐採され栽培面積は大きく減少した。昭和46年から国の稲作転換事業の実施と共に栽培面積が急増し現在では370戸の農家で200ヘクタール余りに達する。その間、農道整備、果樹棚改良、畑地灌漑、排水、選果場建設等多くの事業と多額の投資も必要であった。それら効率的な共同営農と優秀な品質を認められ全国朝日農業賞に輝いた。苦難を乗り越えさらなる前進をと日夜研鑽を重ねるたのもしい後継者の皆さんに郷土の期待が高まる。現在、品種では「幸水」「豊水」「新高」が主で、果肉はやわらかく多汁で甘味強く、品質、形、共に良い。特に「幸水」の生産が多く人気も抜群で大阪・京都・名古屋等へ出荷されている。
  平成13年3月 呉羽山観光協会

 

土池弥次郎翁記念碑
【地図】